とある緑電の徒然(仮

主に鉄道を中心に更新しています。更新頻度は気ままです。
とある緑電の徒然(仮 TOP  >  未分類 >  真夏の日本海通りながら、関西へ ⑤

真夏の日本海通りながら、関西へ ⑤

どうも管理人です。

さてと、続きを書きます。
新潟から急行きたぐに号に乗り翌朝大阪へ
電車式寝台車は初乗車
一番上を予約しましたが、いざ上ってみると圧迫感ありますね
それに降りるときかなり苦労する
やはり中段の方がいいです
下段だと6000円かかりますよね・・・
臨時だからがらがらかなと思いましたが、ほぼ満席でしたね。
日本海号と共にいつまで残るのかと・・・

やはり、夜行列車の時は寝れないですね。
とりあえず、車内検札も終わったので長岡辺りから寝ましたがなかなか寝れず
いつの間にか北陸本線に入り、起きたら敦賀付近走行
時間はまだ朝の4時過ぎ・・・
やはり寝れないな
しばらくまた寝て、起きたら湖西線内に突入
いよいよ関西も近くに
京都に着き、新大阪そして終点大阪に到着!
乗車時間あっと言う間でしたね。

1枚目終着大阪にて



2枚目もう1枚目



さて、ここから関西お約束の「関西ワンデーパス」を購入
値段が3500円に上がっている・・・
そう、大阪市内の水上バスも仲間入りになったので
おまけ路線は変わらず・・・
とりあえず、きたぐに号の京キトの回送まで時間あるので新大阪の立ち食いそばで朝飯を
その後隣の東淀川で撮影しようとしたが・・・

3枚目後撮りに



原因はこいつ

4枚目直前に貨物がきやがった~



今度来た時はと思いつつ日本海号撮るためにとりあえず京都へ
普電だと時間かかるのでまた戻り、新快速へ
やはり新快速は速いなと思いますよねいつ乗っても

5枚目関西圏の113系のおなじみの組み合わせ



今回113系そんなに撮影してないな
全体を通してあまり撮影してない
とくに魔緑になるのに・・・

6枚目ワイドビューひだ
今、放送中の「氷菓」の聖地である高山に行ってみたいですな



やはり、同じ気温でも関西は盆地のせいで余計暑く感じます。
撮影はこの時期が長くできるですけど、長時間やるなら春先&秋ぐらいだとやはり思う
ファン的にはいつ来ても飽きないですけど、最近この夏の暑さにはやれるなと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL